2015年08月19日

W115 240D 1973

素敵なコンパクトメルセデスを紹介します。
DSCN2328.jpg

DSCN2326.jpg

DSCN2327.jpg

DSCN2330.jpg
真ん中あたりにあるのぞき窓の中にグローコイルがありグローの状態が確認出来ます。
その左側がスターター&デコンプレバーです。グロー窓の右側はスロー調整のダイアルですが、W123でも300Dノンターボまで、着いているんですがこれがあると便利ですよ。
キーを右に2段回し、デコンプレバーを軽く1段引く、そのまましばらく待ちコイルが赤く発熱したら、そこでもう一段引くとスターターモーターが回り始める。これでやっとエンジンがかかるのである。
毎度毎度、この儀式が必要だが、けっこう楽しい。
止める時はその反対デコンプレバーを押し戻すだけでエンジンはパッと止まる。その後キーを左に2段回しおしまいです。デ・コンプレッションといっても燃料をカットするようです。
4気筒ccで60馬力くらいしかないはずですが、平地ならけっこう軽快に走ります。さすがに長い坂道はちょっと苦手ですけど、
それでもちゃんと日常に使える一台です。色もいいですよね。
いや〜、楽しい、楽しい。

この車、実は当時のカタログ写真の車なんです。リヤガラスに特別なステッカーが貼ってあることと非常に珍しい電動サンルーフがついています。


NEIL YOUNG & CRAZY HORSE - Hey Hey, My My
青空の下から暗闇の中へ
代償を払わなければ、与えられるものはない
一度行ってしまえば、戻ることはできない



posted by ponkotsu-ya at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
素敵ですね〜
カラーも最高!
セダン大人だな〜
w123の出物を紹介されてまして…
又報告します。
Posted by 230GE瀬戸の水野 at 2015年08月22日 20:42
コメントありがとうございます。
またお越し下さい。
Posted by ブログ主 at 2015年08月25日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161811025
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック