2015年08月19日

W115 240D 1973

素敵なコンパクトメルセデスを紹介します。
DSCN2328.jpg

DSCN2326.jpg

DSCN2327.jpg

DSCN2330.jpg
真ん中あたりにあるのぞき窓の中にグローコイルがありグローの状態が確認出来ます。
その左側がスターター&デコンプレバーです。グロー窓の右側はスロー調整のダイアルですが、W123でも300Dノンターボまで、着いているんですがこれがあると便利ですよ。
キーを右に2段回し、デコンプレバーを軽く1段引く、そのまましばらく待ちコイルが赤く発熱したら、そこでもう一段引くとスターターモーターが回り始める。これでやっとエンジンがかかるのである。
毎度毎度、この儀式が必要だが、けっこう楽しい。
止める時はその反対デコンプレバーを押し戻すだけでエンジンはパッと止まる。その後キーを左に2段回しおしまいです。デ・コンプレッションといっても燃料をカットするようです。
4気筒ccで60馬力くらいしかないはずですが、平地ならけっこう軽快に走ります。さすがに長い坂道はちょっと苦手ですけど、
それでもちゃんと日常に使える一台です。色もいいですよね。
いや〜、楽しい、楽しい。

この車、実は当時のカタログ写真の車なんです。リヤガラスに特別なステッカーが貼ってあることと非常に珍しい電動サンルーフがついています。


NEIL YOUNG & CRAZY HORSE - Hey Hey, My My
青空の下から暗闇の中へ
代償を払わなければ、与えられるものはない
一度行ってしまえば、戻ることはできない



posted by ponkotsu-ya at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月03日

ゲレンデ・ヴァーゲン300GD14回目の車検

14回目の車検、28年目となります。
まだまだ実働しています。
今回の車検でフロントタイロッドのガタとスピードメーターの積算計不動が引っかかりました。
タイロッドエンドはプレスでカシメて応急処置。(もちろん自己責任)
メーターは分解して滑っているギアにスペーサーを挟みとりあえず動作するようにしましたが
分解するときにガラスの額縁にキズを付けてしまいました。
DSCN2282.jpg
一番手前の長いタイロッド(ドラッグリンク)ですが、右側はエンドだけ交換ができますが左は一体式エン、残念ながら悪いのは左でした。ASSY部品で5〜6万円となります。早めに交換するしかないのですね。泣!

両方ともエンド交換ができるタイプもあるという情報もありましたが、この車は一体式エンドです。残念?
W463の場合ということでしょうかね?
ハンドルを切ったときに当たらないように曲げてありますし、直線物では無理なようです。
DSCN2284.jpg
一応分解して動くようになりましたが・・・・・?
メーターの分解はケースと額縁がカシメてありそこを力業で起こしてバラさねばなりません、素人が分解するとキズが付くし分解したことが見え見えになります。
DSCN2285.jpg
丁度タイミング良くヤフオクに出品されてました。珍しく激しい攻防の末なんとか落札できましたので、これで一安心、ヤフオクはたまに利用しますが自分なりに払っても良い金額を入札しておいて運が良ければ落札という参加スタイルにしてますが今回はちょっと頑張りました。〜汗!
今回千葉県からW460の部品をいろいろ放出出品されてました。自分にとっても魅力的な物が多々出てました.ウォッチしてましたが、どれもこれも高額になりすぎて手が出ませんでした。
うちのもそのうち「バラバラにして売るってか!」
DSCN2280.jpg
無事?に車検も通り、今日はさっそく行商に出動しました。暑い中ご苦労様です。
ちなみにACはコンデンサーの配管が折れちゃいました。
クーラーなんて無くても平気さ〜。
エンジンは快調ですが、最近暑くなってきたらヒート気味だったんですが、どうもサーモスタットの動作不良のような気がしたので思い切ってサーモスタットを外してみたらバッチリ改善、暑い夏の間はこれでしのぎ、
涼しくなったら新しいサーモスタットに交換します。
それにしても暑すぎです。隣町の多治見では連日、日本一とハシャイでます。
今年こそ41.1°を越して単独日本一が悲願となっています。「マジ勘弁」!!
DSCN2286.jpg
古いメルセデスベンツが置かれている車庫、床面は例外なくこうなるハズです・・・・けどね?


















posted by ponkotsu-ya at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記