2015年04月25日

こだわりのカラー

S123
1985年式280TE
どうですか?このカラー。オーナーがこだわって塗り替えました。純正色ではありませんがシブいね。123の最後の年に生産された車です。こういったシブいソリッドカラーは前期型でしか見かけません。特に後期では見たことがないので、高年式車でシブい色を望むなら塗り替えるしかありません。高年式と言っても最終型でも今年で30年です。こういう色だとますますクラシック感が強調されます。
このヘッドライトは北米仕様です。なかなか手に入りません。ネットでたまに出てきてもかなりお高いですし、取り付けには改造が必要です。
このオーナーは日常使いされる目的なので、機関のほうも完全をめざし奮闘されています。
ありがたいことに今でも部品はほとんど供給されますので、望みはかないますがやはり費用はかさみます。ただし、最近123市場は大高騰中で、特にワゴンなんかほとんど出てこない状況なので、でそれなりにやれた車をお手頃価格で買って自分の思うように手を入れたほうがいいかもしれませんね。極上車と言われ?00万円も出したのに乗り始めたらあちこち壊れたって聞きますが、このモデルは全車がもう30年以上たっているので、いろんな所が劣化してきているはずだから業者を責めてもどうしようもないと思いますね。
完全を望むならこの車のオーナーのように自分でお金を掛けて手を入れるのがお勧めですね。

またはボロいまま悪いところだけ直しながらガンガン日常使いする乗り方も、私はいいと思います。車って案外毎日乗ってるほうが壊れないような気がしますから、キレイにして大事にしまっておくより乗った方がいいですよ。と言いながらうちのワゴンも最近あまり乗ってないな〜。

DSCN1436.jpg
ヘッドライトは北米仕様です。
DSCN1440.jpg
この角度からのスタイル好きです。
DSCN1451.jpg
家の前においてたら「この車売り物?」って聞かれました。
posted by ponkotsu-ya at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月18日

W460ナローモデルの話

a href="http://the-compact.sakura.ne.jp/sblo_files/the-compact/image/DSCN2015.jpg" target="_blank">DSCN2015.jpg
W460-230GEショートです。久しぶりに見せていただきましたが相変わらず状態はよかったです。下の画像は我が家の300GDロングですがご覧の通りオーバーフェンダーの無いナローモデルです。5ナンバーのゲレンデバーゲンなんてなかなか見ないでしょう。
230などガソリンモデルは新車からオーバーフェンダー付きしかありません。そこで、このオ−バーフェンダーを外したいと思う人も多いようです。ところが、これがなかなか簡単な話ではないようです。リアーのオーバーフェンダーを外すと、なんと!ボディーのリブの部分が切ってしまってあるんです。それもメーカーの工場でやったとは思えないような切りっぱなしです。なんで?って感じです。じつは、この車オーナーもナローが好きでホイールまでナロー用の16インチ(オフセットが違う)を手に入れたそうですが、そんなわけでナロー化はもう断念されたようです。

DSCN2022.jpg

我が家のゲレンデも少しお色直ししました。ボンネットとグリルマークがマットブラックになってますますラットな感じが出てます。

DSCN2019.jpg
このリブの部分を切り取ってしまってるのです。

DSCN2017.jpg
オーバーフェンダーの裏側です。よくわからないかもしれませんが切りっぱなしです。

ナローモデルの希少性をあらためて教えてもらいました。Mさんありがとうございました。それから、いただいたパンとっても美味しかったです。

<

ご存じ鬼平犯科帳のエンディングテーマ、「インスピレーション」です。
ジプシーキングスは歌が入るとちょっと暑苦しいんですが、演奏のみバージョンはけっこう好きです。



posted by ponkotsu-ya at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月17日

W124マフラー

大事に乗っておられる124ワゴンです。
マフラーに大穴があいてます。
テープになったガンガムがあったのでこれで修理しました。
パッケージには車検OKってかいてあります。
123と並べてみましたが、じっくり比べてみるとデザイン的にはいろんな部分で踏襲してますね。
124も古びてきたらいい感じになってきました。DSCN2013.jpgDSCN2014.jpgDSCN2009.jpgDSCN2010.jpg
赤い絆創膏みたいだったので、ちゃんと黒く塗っておきました。来たときはお騒がせでしたが、お帰りは静かになられました。



さて、ブルーズです。
Buddy Guyの「What Kind Of Woman Is This」です。このリフかっこいいでしょ、大好きですわ。
昔の話ですがシカゴの「バディガイ・レジェンズ」の前まで行ったんですけど、一人ではちょっと入れませんでしたね。





posted by ponkotsu-ya at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月04日

久しぶりにガレージの風景をお届けします。

DSCN1979.jpg

今日のガレージ風景です。4月ですがまだ冬枯れ感いっぱいですね。
お預かり中のUさんのコンパクトクーペこれぞ極上の一台です。
W114 250CEマニュアルミッション車

W460−300GDも健在です。ボンネットとフロントマスクがマットブラックになってます。
そんでもって、おくつろぎ中のクロネコのクーちゃん。
相変わらずゆったりしています。



「Take It Easy」ってジャクソン・ブラウンの曲だったんですね。
ぜんぜん知らなんだよ!
ちなみにこの曲エンコした車の中で作ったんだって。

posted by ponkotsu-ya at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記