2013年05月07日

ヘチマの話

ここのところ数年間ヘチマを栽培している。初夏から秋まで長いあいだ黄色い花が次から次へと咲き爽やかでいい、じつはこの実で作るヘチマタワシがすぐれ物で、これを食器洗いに使うと市販のスポンジより間違いなくすぐれていると思う。長く使ってもくたくたにならないしいつまでもきれいな白い色が変わらない、少々の油汚れならなぜか洗剤なしでもよく落ちる。いつも女房と絶賛している。ところが知り合いに差し上げているのに意外にも良かったという反応がこない。きっとみんな使ってないのだろう、こんな昔の単純な道具が現代のスポンジに比べそれほど良いとは思わないのかも知れない。道具は一回廃れると再度普及するのは難しいようだ。
DSCN0986タワシ.JPG
これがヘチマのタワシです。10センチくらいに切って使います。
P1030500ヘチマ.JPG
夏になるとこんな感じになります。黄色い花が次から次へと咲きとても爽やかです。




JAZZ、ソニー・クラーク「クール ストラッティン」
このジャケみたらほしくなりませんか?まさにジャケ買いの1枚ってやつです。
posted by ponkotsu-ya at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記